法船寺のご紹介

金沢の歴史と文化を承継してきた寺院


「佛海山寿昌院法船寺」が金沢で創建されたのは、慶長四年(一五九九年)です。

初めは尾張国(現名古屋市)犬山にありましたが、開山念誉一公和尚は陣中持仏僧として、加賀百万石の開祖前田利家及び利長に従い、尾張犬山から越前府中(武生市)、越中守山(高岡市)そして金沢まで随行し前田利家から寺地を拝領。

加賀藩誕生の歴史を共有する寺院です。


ともいき堂のある法船寺本堂内には、これまで受け継いできた時代を証するかのように、歴史的価値のある文化財が多数ございます。

厳格で落ち着いた雰囲気の中、一回一回のお参りがしっかりと思い出に刻まれるような空間です。

左下の画像に記述ある”法船寺のねずみたいじ”という文言は、古くから金沢市に伝わる法船寺が舞台となった昔話のタイトルであり、法船寺は”昔話のあるお寺”と称されることもあります。

法船寺のプロフィール

名称 浄土宗 法船寺
開基 慶長四年(西暦一五九九年)
所在地 〒920-0866 石川県金沢市中央通町11-46
電話番号 076-221-8017
住職 光成 範道

法船寺へのアクセス方法

金沢駅より 北鉄バス東口⑧~⑩番乗り場、香林坊もしくは片町バス停下車徒歩10分、東口よりタクシー15分
金沢西インターより 国道8号線富山方面へ→示野中町交差点右折→中央通直進長町二丁目交差点すぐ右手 ※駐車場あり

法船寺住職の略歴

昭和21年、金沢市中央通町に生まれる。佛教大学卒

昭和56年 石川教区犀川組組長、石川教区教化団副団長
昭和59年 石川教区浄土宗青年会会長、浄土宗スカウト連合協議会理事、浄土宗宗務庁勤務
昭和63年 財団法人浄土宗報恩明照会事務局長
平成8年 浄土宗宗議会議員当選
平成11年 議会運営委員会委員
平成12年 浄土門主・法主推戴委員会委員
平成13年 機構改革検討委員会委員
平成14年 浄土宗社会福祉推進委員会委員
平成15年 宗祖法然上人800年大遠忌中央委員会委員
平成16年 メディア及び芸能による啓発研究委員会委員
平成18年 北米開教区調査委員会委員、文化振興・社会貢献事業推進委員会委員、
演劇「 欣求浄土 」制作委員会委員長を歴任
平成18・19年  浄土宗総長公室長就任